園の紹介

園長 あいさつ

平成27年度より子ども、子育て支援制度がスタートし、幼保連携型認定こども園として、平成27年4月1日認可を受けスタートすることに致しました。

金柑狩り
特に幼保連携型は幼児期の学校教育・保育の質を高め切れ目のないようにし、人間形成の基礎を培う為のものだと認識をし、そのためには、家庭では出来ない経験・体験をみずから行動し、そこの中から失敗もし、達成感・充実感などを味わい感じ取ってもらい、自信につなげる教育・保育に勤める事だと認識をしています。

人間性の基礎基本を作る大事な第一歩、将来の人間形成の土台もこの時期に築かれます。
根がしっかりしていれば、風雨にも負けないたくましい稲が育ちます。人間も同じです。

当園の目指す教育・保育は、この根を立派に培う事に努力し、水が砂にしみ込むように少しずつ吸収していってほしいと願うと同時に、農園・野菜作りなどを通じ、祖父母・ご家族や太陽・雨などの自然に感謝し、命を頂き生かされている事に気づき感謝する心、また、集団生活の中から失敗・達成感・充実感などを味わい感じ取ってもらい、自信につなげる教育・保育に勤めたいと願っております。

水族館
子育ての基礎は、生まれてくれてありがとう、生んでくれてありがとう、私たちは出会えた事に感謝し、谷村新司さんが作って山口百恵さんが歌ったいい日旅立ちの歌詞に、『母の背中で聞いた歌を道連れに、父が歌った歌を道連れに、子供の頃に歌った歌を道連れに』の歌詞ですが、これは子育てそのものです。

母の優しさ、愛情・感性・父の強さ・人生観・そして、友達・自然・他人から愛されることや、有意義な思いで作りが基礎になるように思います。

子供たちの、いい声・いい表情・いい動きに重点を置き、日課活動を定め子どもを真ん中に据え、保護者の皆様と共に人として生まれ人間としての器創りが幼稚園の存在目的の為、朝は子どもの成長を願って起き、昼は子供の為に努力し、夜は子どもたちに感謝し眠って、成長に繋げていけたら幸いだと、思っております。

学校法人 あたご学園
幼保連携型認定こども園
一ッ岡南幼稚園
園長 黒木 啓喜

教育方針

  • 人とのかかわりあいをもつ力を養成すること。
  • 自然との触れ合いや身近な環境とのかかわりあいを深めること。
  • 基本的な生活習慣や態度を育成すること。

教育目標

お絵描き
  • 1健康な体と、不屈の精神を支える体力のあるこども。
  • 2自立心・積極性に富み、自分で考え、行動できるこども。
  • 3友だちとなかよくあそべるこども。
  • 4感性豊かな、「愛」の理解ができるこども。
  • 5文字やことばを大切にし、豊かな表現ができるこども。
  • 6「ありがとう」と、「ごめんなさい」が素直に言えるこども。

教育の特徴

知・情・体

本園は総合幼児教育研究会に加盟しています。
知・情・体三位一体の総合教育を理念とし、
動きとことばとリズムのある園生活の推進に勤めています。

園の概要

手作り完全給食
基本的に週6日、自園の給食室にて委託業者さん(ウオク二株式会社)のほうで給食を作って頂いております。ですが、幼稚園時代の「お母さんのお弁当」という記憶も大切な思い出となりますので、毎月の行事によって変わりますが、月に1回から2回の「お弁当の日」を設けています。
預かり保育
7時15分よりそれぞれの保育終了後18時15分まで行っています。
今年度より、子ども子育て支援制度がスタートし、市より教育・保育認定を受けます。その区分によって預かり保育の時間や料金が違いますのでお間違いのないようにお願い致します。詳しくは、園の方までご連絡下さい。
*尚夏休み、冬休み、春休みも預かり保育を実施しております。
知育!情育!体育!